大阪市中央区本町 芝生の少人数制ヨガスタジオ。肥後橋、北浜、淀屋橋、心斎橋からも通いやすい。体験レッスン受付中。

 

ホーム初めての方料金スタジオ案内ブログ動画

ブログ

2017.02.28

キャットカウで自律神経のバランスを整える

キャットカウ 

ヨガのクラスではウォーミングアップ的にレッスンの前半に行うことが多いアーサナです。

やり方
①四つん這いになる。

  • 手首は肩の真下。
  • 両手の指を開き中指を正面に向ける。
  • 肘の内側を正面に向けないように親指の付け根で床を強く押す。
  • ヒザは股関節の真下。
  • 足の甲は床につける。
  • 頭のてっぺんで前にある壁を押すようにして首、背中をラクに長くする。



吐きながら坐骨を床に向ける。

おへそを背骨の方へ引き上げ腰から順番に背中を丸める。

両手で床を押して肩甲骨を左右に広げる。

視線はおへそに向ける。

吸いながら坐骨を天井に突き出す。

おへそを床に近づけるように腰から順番に背中を縮めていくようになめらかにしならせていく。

胸をやさしく前に押し肩甲骨を軽く寄せ合う。

首を長く伸ばしながら視線を眉間に向ける。

②~③を交互に5~10回繰り返す。

Point

  • 出来るだけゆっくり丁寧に動作しましょう
  • 吐くときは背骨のすき間が広がり
    腰~背中~肩甲骨周り~首の後ろの筋肉が伸びていくイメージ
  • 吸うときは広がった背骨のすき間をひとつひとつ埋め
    下腹~みぞおち~胸~肩の前面、喉元が広がるイメージ

骨格・筋肉の動きを繊細に感じてみましょう

効果

[check]お腹・背中の引き締め
[check]内臓の調子を整える
[check]血行促進
[check]ホルモンバランスを整える
[check]背骨を柔軟にし可動域を広げる
[check]腰痛・背中のハリを緩和
[check]自律神経のバランスを整える

自律神経とは
※脊柱の真ん中を中心に全身にある神経
※一般的に背骨と呼ばれる部分

意思とは無関係に身体や心のバランスを保つための末梢神経系のひとつ。

交感神経と副交感神経からなり、暑い時は汗を出して体温を下げ、寒い時は血管を収縮させて体温を上げます。

食物を摂ったら胃腸が消化する・・
呼吸・血液循環・消化吸収・排泄etc
生命維持に必要な体内環境を整えるのが自律神経の役割です。
自律神経のバランスが乱れたり、低下した状態が自律神経失調症です。
この状態では免疫力が低下するといわれています。

コメントは受け付けていません。